内祝いに迷った時はカタログギフトを贈ろう


カタログギフトを贈るメリット

結婚の内祝いや香典返しなどによく使われるのがカタログギフトです。カタログギフトにするメリットは、渡す側が渡す相手の事を考えて、あれこれ悩む必要が無くなるという点です。どれだけ頭を悩ませて商品を選んだとしても、相手が気に入ってくれるとは限りません。また人によって好みもあり、万人が気に入る商品を選び出すのは至難の業です。その点、カタログギフトには様々な商品が掲載されています。家具や家電、バッグやアクセサリー、グルメなど多種多様で、相手に好きな商品を自由に選んでもらう事が出来るのです。

またカタログギフトも進化してきています。例えば1つのコンセプトに特化したカタログギフトは人気で、お酒好きの人には全国の銘酒が掲載されたカタログ、グルメ好きには日本各地の名産を取り寄せられるカタログを贈ってみても良いかもしれません。好きなものだけが掲載されたカタログであれば、より選ぶ楽しさを実感出来ます。

カタログギフトを贈るデメリット

カタログギフトのデメリットは、必ずしも相手方が気に入る商品が見つかる訳ではないという点です。もし何も欲しい物が無ければ、無理やり選ばなければいけません。そして選んだ商品が届いたとしても、特に必要性が無ければ押し入れや倉庫に仕舞ったままの状態になります。また相手がハガキを出すなりして、自分で注文しなければ商品は届きません。うっかりハガキを出し忘れて期限が切れてしまい、商品を受け取れないというリスクも出てきます。

内祝いとは元々身内のお祝いという意味で、家で何か良い事があった時にその幸せをおすそ分けする意味で、親せきや近所の家に贈り物をして喜びを分かち合うというものです。