自分に合ったサングラスの選び方って?選び方のコツ!


紫外線から目を守る!サングラスの役割

暖かくなってくると、それに伴って日差しも強くなります。直射日光に晒されると、暑いし、日焼けも気になりますよね。実は日焼けは、目から入ってきた紫外線にも反応するのです。紫外線が目から直接入ってくると、脳が紫外線を浴びていると錯覚し、メラニン色素を体内で分泌、日焼けを引き起こす原因になります。そんな紫外線から守ってくれるサングラス。今はUVカットのものも多く出ていて、紫外線だけでなく、眩しさも軽減してくれます。

自分に合ったサングラスの選び方って?

さまざまな効果があるサングラス、選ぶとなると少し身構えてしまいますよね。見た目がイカつい物も多いので、掛けていたら怖い人に見られてしまうかもという心配もあります。しかし、自分に合ったサングラスを掛けると、一気にオシャレなアイテムに大変身するんです。自分に合ったサングラスの選び方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

サングラスは顔の形で選ぶべし!選び方のコツ

メガネでもそうですが、自分の顔の形に合ったものを選ぶのがポイントです。例えば、丸顔の方は四角めのスクエア型が似合います。顔の中に四角のフレームを入れてあげることで、丸い顔もスッキリとした印象になります。面長な顔の方ですと、ウェリントンと呼ばれる型が似合うと言われています。ウェリントンとは、フレームが少し上の方に吊り上がっているもので、サングラスの代表的な形とされているものです。少しキツめのイメージがありますが、面長さんが掛けるとスタイリッシュなアイテムになって、オシャレ度もUPします。四角顔の方は、丸メガネのようなボストンやラウンドと呼ばれる型を選ぶと良いでしょう。顔の角張った部分が、サングラスの丸みで抑えられて、優しい印象を与えることができます。

サングラスは、強い光から目を守るために装着するメガネのことです。レンズは黒い色が一般的ですが、シルバーやブルーなどの色もあります。