知っておくと便利!カタログギフトを利用するメリットとデメリット


メリット①受け取り側は好きなアイテムを選べる

受け取り側が自由に好きなアイテムを選ぶ事が出来るというのは大きなメリットです。贈り物をもらった場合、必ずしも全てが自分の好みのアイテムという事は限りません。しかしカタログギフトなら、カタログを見ながら自分好みのアイテムを自由に注文する事が出来るので不必要なものをもらう事もないので非常に助かります。

メリット②贈る側はアイテム選びに悩まなくて済む

贈り物を渡す時、贈る側はどういうものにしたら相手が喜んでくれるか考えなければなりません。その為非常に時間と手間がかかり面倒です。しかしカタログギフトにしてしまえば、どういうものにするか悩む必要がなくなります。またカタログギフトの価格帯も広いので、予算に合わせやすいというのも魅力です。

デメリット①贈る側の気持ちが伝わりづらい

カタログギフトはたしかに受け取り側は好きなアイテムを選べますし、贈り側もいちいちアイテムを考えなくて良いので楽ですが、その一方で贈り側の気持ちが伝わりづらいというデメリットもあります。相手はカタログをもらって、その中から好きなアイテムを選んで下さいと言われるだけなのでどこか味気ないですし、中には気持ちがこもっていないと受けとめられる可能性もあります。

デメリット②注文し忘れて有効期限が切れる恐れがある

カタログギフトには有効期限が存在します。その為もらったら期限内にカタログを見て、その中からアイテムを選んで注文をしなければなりません。その為どれにしようか悩んでいたら、いつの間にか有効期限が過ぎてしまい、アイテムをもらえなかったというケースは少なくないので注意が必要です。

カタログギフトには様々な種類があります。贈りたい人の好みに合わせたものをお届けすることができ、また価格帯も幅広いため予算に応じて選ぶことができます。