電子タバコが気になる!良い面・悪い面を教えて!


ニコチン・タールフリー

電子タバコには、ニコチンやタールといった有害物質が含まれていません。リキッドを水蒸気に変えて吸っているだけで、嫌な臭いがする煙も出ないのです。体への害もないと考えられており、禁煙のサポートとしてもよく利用されています。

フレーバーの種類が豊富

フルーツやミント、ドリンクなどのフレーバーが沢山あるのも電子タバコの特徴でしょう。普通のタバコにはない味を楽しめ、気分転換などにも打って付けです。自分でリキッドを詰め替えられる製品もあり、その時の気分で好きな味を楽しめますよ。

キックがなく物足りないかも

紙巻タバコを吸った時、喉にガツンとくる刺激がありますよね。これはいわゆるキックと呼ばれるもので、紙巻タバコの大きな特徴です。一方の電子タバコにはこのキック感がありません。吸った感覚が薄いため、物足りなさを感じるという人も少なくないのです。したがってタバコ代わりに考えていると、刺激がないことで満足ができないかもしれません。

有害なリキッドを含む物がある

基本的には害はないと考えられている電子タバコですが、中には害になり得る物質を含んだ物も存在します。特に海外のリキッドは何が含まれているのか分からない物もあるため、購入をする際には気を付けてみた方が良いでしょう。昨今では国産リキッドも沢山登場していますので、心配な場合は国内製造の物を選ぶのがおすすめと言えます。

どこでも吸えるわけではない

本物のタバコではないからといって、どこでも使えるわけではない点に注意しましょう。無害とは言え、見た目はタバコそのものであり、周囲を誤解させかねません。しっかりとマナーを守って使用することが大切ですよ。

日本で初めての電子タバコメーカー「vape」では、ニコチンはもちろん有害な添加物の入っていないフレーバーリキッドが楽しめます。20種以上もあり食品衛生法に準じていて安心・安全です。