機械式時計を長く使うためのポイント3つ!


機械式時計はデリケートで故障しやすい?

機械式時計にはお値段が張るものも多いですが、独特の重厚さと高級感を備えていて、「欲しいな」と思わせるような魅力がありますよね。しかし一方で、デリケートで故障しやすいというイメージで購入をためらう人もいるようです。確かに機械式時計はデリケートなものですが、ポイントを押さえて使用すれば、一生使うことも可能な優れた機械です。機械式時計を長く使うために押さえておくべきポイントを紹介します。

長く使うためのポイント

1つ目のポイントは、「日常の手入れを怠らないこと」です。手首に巻いているだけの腕時計でも、1日着用すれば驚くほどに汚れます。風防にはホコリがつきますし、手首に触れている箇所は皮脂や汗が付着します。これらの汚れを放置しておくと、サビや故障の原因にもなりかねません。時計を外したら柔らかい布やセーム革などで風防やケースを拭き、汚れを取っておくことが大切です。ときには爪楊枝なども用いて、細かい部分の汚れを掻き出す作業もしておきましょう。

次のポイントは、「数年に一度はオーバーホールに出すこと」です。オーバーホールというのは一度完全に時計を分解して、部品をひとつずつ綺麗にすることです。これを行うことで時計の寿命が延びますので、信頼できる時計屋さんを探しておくと良いですね。最後のポイントは、「使用環境に注意すること」です。せっかく良い時計を手に入れたからには多くのシーンで身に付けたい気持ちがあるかもしれませんが、着用環境によっては時計の寿命を縮めることがありますので要注意です。

スポーツシーンや水に触れる可能性のあるシーンなどは避けるようにしましょう。以上のポイントを押さえて、良い時計を長く楽しみたいものですね。

パテックフィリップは世界三大時計メーカーのひとつです。永久に修理が受けられるという独自のサービスがあります。