マイホームの遮熱性はこれで向上?壁面緑化の方法を学んで快適に暮らそう!


植物による遮熱効果向上のメリットについて

壁面緑化は建物の壁に植物を這わせる行為を指します。外観にアクセントをつけることができるので古くから装飾目的で行われていましたが、植物の葉や蔓が日光を遮ることによって急激な温度の上昇を抑える効果があることが近年になって判明しました。そのため、冷房機器に頼らずに室温を調整する方法として広く行われています。冷房機器のような排熱が無いので周囲への悪影響がほとんど無いのが大きな利点です。壁全体を植物に覆われることで日光の影響を受けにくくなり、温度の上昇だけではなく日焼けによる劣化を軽減させることもできます。そのため、建物全体を長持ちさせることも可能です。

上手に仕上げるには使用する品種選びが重要

壁面緑化を成功させるには成長が早く、葉をたくさん茂らせる品種を選ぶことが大切です。また、壁の凹凸に蔓を引っかけて伸びる性質を持つ品種であることも綺麗な外観に保つ条件なので、場合によっては金具で補強するなどの工夫が必要になります。壁面緑化が最も必要とされる時期である夏季にはすでに葉を茂らせて建物を覆うことが重要なポイントです。そのため、春にはすでに発芽してある程度は成長する品種を選ぶことになります。地域の環境によって最適な品種が変わることを踏まえると共に、害虫や病気の予防にも努めなければいけません。途中で枯れてしまうと遮熱性が大きく損なわれるので、十分に消毒を施しながら水と肥料をたっぷりと与え、健やかに育つ環境を整えるのが壁面緑化を成功させる条件です。

壁面緑化は、地球温暖化対策の一つとして注目されています。植物が建物の壁面を直射日光から守り、建物自体の劣化や室内の温度上昇を抑え、光熱費の低減も期待できます。また、緑の少ない地域の緑化にも役立ちます。