いつまでも使い続けるために!機械式時計の手入れ


機械式時計とはなにか

時計にはその針の動かし方によっていくつかの種類に分けることができます。電力が動力となり、多くの人々が利用しているものが、時間も正確でコストも安いクォーツ式の時計ですが、機械式時計というものもあります。機械式時計とは、巻き上げられたぜんまいを動力として動いている時計のことです。時間は精密とは言い難いうえに、衝撃に弱く、高価でメンテナンスも必要となりますが、独特の風合いなどが人気を博している時計です。

メンテナンスが必要な部分

機械式時計には、定期的なメンテナンスが必要となります。主にメンテナンスする部分は、文字盤部分を覆っているケース・風防部分に始まり、ベルト、そして時計にとってもっとも重要な部分といえるムーブメント部分です。

メンテナンスの方法とは

ケース・風防部分のメンテナンスは、手垢などの汚れが付くので、メガネふきなどでこまめに拭くことが推奨されます。水拭きをしてしまうと、部品の故障やさびにつながるので、必ずからぶきしなければなりません。また、風防に細かな傷がつくこともあるので、そのような場合には歯磨き粉などを使用して表面を磨くことできれいになります。
ベルト部分は、素材によって手入れ方法が異なります。金属製のベルトは、長く使用していると隙間に皮脂や垢が入るほか、擦り傷ができることがあります。本体部分から取り外したうえで、中性洗剤で洗ったり、磨いたりするときれいになるのでおすすめです。

革製のベルトの場合は、乾燥しないようにデリケートクリームを塗るときれいになります。普段使う際には、同じものを連日使わずに交換すると長持ちするでしょう。
ムーブメント部分は、素人ではできません。専門家に依頼することがおすすめです。

ウブロはスイスの高級時計メーカーです。社名はフランス語で船体にある小さな窓を意味するHublotから来ています。